24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

うるう年に思う

おー、今年はうるう年でしたか。
四年後は四十代手前ですなぁ。うわー、遠くへ来てしまった感が半端ない。
しかも、チンタラしてたら、アッちゅう間に来てしまうのだよなあ。
それこそ、明日にでも四十代になっていても不思議はない訳で。
少年老い易く学成り難し、を最近はよく感じるようになりました。
若い頃にもっと勉強しておけば!なんて事をよく言いますが、別に今からでも遅くないのだ。なんでも、はじめるなら思い立ったら、ですよ。人生は短い。
四年に一度のこの日に改めて将来を考えてみた。がんばるぞー!

金曜は私用で有給休暇をとってます。
忙しいわけですが、家族は大事なんだ。
こんな時でもなければ有給休暇を使えないのもアレだなぁ。

なぜか『World War Z』を久々に読みたくなった。あー、実家か…。
ブラッド・ピット主演で映画化とは聞いていたけれど、三部作だとか。
それぐらいの長さでなければ中々に伝わらないものだと思う。
1作目が今年末に米国で公開、らしい。
楽しみといえば楽しみなんだけれど、原作が人々のインタビューをまとめたっていう作りだから、ブラピがゾンビと戦うわけじゃなかったような。思い違いかな??
でもそれが良かったんだよな。面白かった。一気に読んだ。
アラスカ編がホラーしていたような気がする。日本編は、アニメっぽい。

映像化といえば、伊藤計劃氏の『虐殺器官』を!と言いたいところだけど、原作に思い入れがありすぎて、絶対に納得しないだろうなぁ。
アレは傑作中の傑作ですよ、本当に。是非ともお勧めしたい一冊です。
伊藤氏の『ハーモニー』以降の物語を読めないのは非常に残念だ、本当に。

で、円城塔氏が伊藤氏の『屍者の帝国』を引き継いで完結させるとか。
伊藤氏の遺した『屍者の帝国』は、まさにこれからというところで未完。
中途半端な出来、というか、最高の出来でも伊藤氏の紡ぐ物語を超えるのは至難。
円城氏には頑張って欲しいけれど、何故といった思いのほうが強い。嗚呼…。
それでも、読むぜ。刊行を楽しみにして待ってます。

遠いところにきたけれど、まだまだ楽しいことはたくさんあるのだ。
だから、今を楽しんで、将来をさらに楽しくするのだ。
楽しむ気持ちを大切にしようと思った、うるう年の日でした。


今日の歩数:5725歩