24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

人の評価w

「他人の評価、特に上司の評価を気にする」なんてのはよくある話で、理解できなくもないけれど薄っぺらいなぁと感じるわけです。

で、そういう人に限って評価されると思っているポイントは全く評価されない。
可哀想なぐらいに、無駄骨を折り、自己満足を謳歌していらっしゃいます。
楽しんでいるのだから、それでいいじゃないかなあと観客席で思うわけです。
成果なんて気にすんな。てか、正直、同意を求められても困る。
どうして評価されないんでしょうか?って言われてもさ。
演者は観客に聞いちゃダメだよ。胸張れよ、自分に。
それが正しいと思ってんねやろ。

観客の一人として、個人的には評価なんてのは、いい仕事していればついてくると思っている。上司に評価されるということは、例えばお客さんに評価された後で勝手についてくる副産物であったりする訳で、上司へのオベンチャラでついてくるのなら苦労はしない。上司にゴマ擦ってりゃ売上が上がって評価されるなら、それは上司じゃなくてお客さんだと思うんだ。大切にしなさい、物好きめ。

お客さんとやりとりするのは気を使うので、僕は身内である上司に同じように気を使えない。身内に気を使うって結構つかれるものだし、それで評価されることはないように思う。

気を使うのと、敬意はまた違うものだ。
上司に対する敬意は忘れないでおきたい。

ただ、まぁ、残念ながら褒められた人間ではない僕はいつか乗り越える壁としても見ているので、良い所は吸収し、悪い所は反面教師として使わしてもらっている。
会社組織の一員として、というよりも個人的な成長の糧として。
折角の中小企業勤めなんだ。楽しくさせてもらおう。で、たくさん給料をもらおう。
ビクビク生きるのは御免して、ヘラヘラ生きていたいんだ。
どうせなら、楽しいほうがいいじゃない。


今日の歩数:5933歩