24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

肩こりとコミックス派と刺激

肩こりが酷くてタマラン。
そんな中、休日出勤で更にタマラン。むむむ。
精神的に詰められる事が多い昨今、どうしたってストレスは無くならない。
ならば付き合うしかないんだろう。面倒だけれど。

部署の異動はないけれど、席の移動は次の週末に。
それに伴い、片付けがありまして。かなりの荷物なので捨ててしまおうと思っているのだ。個人情報などがあるのでしっかりと廃棄処理を行なっていかなければ。書類のペーパレス化を進めたいなぁ。そういう意味ではいい機会。もっとも、そういう事に使う機会ではない。

久々に本屋へ。
ジョジョリオン』4巻と『デストロ246』2巻を購入。
コミックス派なので、どちらも予備知識なく楽しめた。

ジョジョリオンはまだまだ序盤。スタンドバトルは謎解きのような感じだった。
正面からガシガシと拳を合わせるのもいいけれど、こういう本体をつきとめるor本体のところにたどり着くと勝利みたいなのも面白い。能力バトル物だと逆に王道ですか、そうですか。

デストロ246は、もうこれ、この設定だけで勝ったようなもんだ。
素材だけで十分なのに調理も完璧とくれば面白く無いわけがない。もちろん今巻も最高だった。
白頭鷲、ちょい役かと思ったらデキる子だった!劇中、ラスボス級かもって表記があるので、当分死にそうにないな。殺し屋って設定だけで、それぞれコレだけキャラを立てれるのは凄い。
全員、女子高生の殺し屋って結構無個性な気がしていたけれど、そんなことなかったぜ。
にしても、1巻のケムリの扱いって一体。男はお呼びでない、の典型的な扱いで、これからも強キャラには期待できそうにない。まぁ、そういう話じゃないからなぁ>男の強い殺し屋が出てきて的な。キャッキャウフフがいいんだよ、なぁ?あと、こんなにモザイクが入っている漫画も珍しい。まぁ、アレはモザイクかけるよな。

今月末は『ワールドエンブリオ』新刊二冊が発売される。こちらも楽しみだ。


【ひとひ後記】
液タブ買うぐらいならiPad買ったらいい事に気づく。冴えてるな、俺。
周回遅れの冴えだが気にしない。お金を貯めて、いつか買おう。

というのも、後輩も出社していて雑談していたら自分の「作品」を紹介してきおった。こういう後輩がいるから、こちらも嬉しくなる。いきなり漢字を間違えていたのはアレですがw
継続は力だということを感じた次第。楽しそうにモノ作りしているなぁと。
Adobe CCを利用できるのも独身貴族ゆえの贅沢さだが、アレ、下手なソーシャルゲームよりも投資するだけの価値のある物だと思う。月々5,000円で最新状態ってのを高いととるかどうかだけれど。俺には無理だ。金銭的にどうみても無理。絶対無理。

俺には俺の戦い方があるので、別に環境を合わせる必要も無い(フィールドも違う)わけだけれど単純に羨ましい。本当にパソコンと+αがあるだけで十分楽しめる制作環境が既に手に入っている。あとは時間とやる気だけだ。まぁ、その確保が一番難しい状況な訳だけれど。

無職時代に深夜丸々スクリプト書きに使っていた頃が懐かしい。
独学、そして俺にしては上出来だ。あの情熱だよ、必要なのは。なぁ?

ともあれ、いい刺激になりました。

なんかこー、頑張らねば。
時間は残り少なくなってくるものなのだ。少年老いやすく何とやら。
楽しむぞー!