24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

日常の帰還とパンチと意見

ようやく盆休みも完全に終了し、日常が戻ってきた訳で。
愛娘も今日、退院し早速熱がぶり返すなんぞしています。対策も親が成長したので慌てず対応し、特に問題なく就寝しています。子育ては親育て、なんて言いますけれどアレ、中々いいトコ突いていると今更ながらに思います。ああいう格言めいたものを吹きたいものです。

仕事は相変わらずの忙殺状態で、ちょっともうどうしようもないですな。
笑うしかない。笑うしかないので、帰宅した。笑っている場合でもないのだ。
家事と仕事と私事の両立というか三点倒立は時間が鍵。
死に時間、デッドタイムを少なくする戦略でアプローチしたい。

『男子たるもの、育児をするなら早起きしろ!』

等と、それらしく書いてみたが、我ながらパンチの弱い文書だ。泣けてくる。
そもそも朝型化計画は何処行った状態の自分が言えるかってーの。

でも、や。

育児には恐ろしい勢いで時間を注ぐ必要があるので必然、自分の時間が少なくなる。
自分の時間が少なくなるということは、かなり端折るけど、余裕がなくなると僕は思うのだ。F氏ではないが、リールは長くしてくれってもんです。余裕のある男、これ。要は心と時間のある男だ。金銭を含む少々のことでは慌てない男、だ。
時間は一日24時間。上限を伸ばすことは出来ないけれど、調整して作ることはできる(はず)。
自分、早起きできるように頑張るっす。まず無理だけど。

という訳で、早寝早起きで生活のリズムを整えたいところ。
壮大な計画もあるので、ちょっと気合を入れねば、だ。


仕事で人権関係に関連している人たちの意見を読んでいる。
人権活動、なんて聞こえはいいけれど一定の範囲を超えると、アレだなぁと思いました。
その辺り、表現が稚拙なんだ。年代に関係なく、稚拙。表現もだけれど思考も稚拙。
でも、それぐらいストレートでないと活動なんて出来ないのかもと思ったり。
自分の価値観だけを唯一に信じることの正しさなんて紙一重だなぁと思いました。
信念無くしてはダメなんだけれど、その信念はどういうものなのですか。
他者を排除して何かを獲得しても、それって結局対象が変わっただけというかなんというか。歴史は繰り返す的な何か。

柔軟に、しかし芯は失わずに、色々な声を聴くべきなんだろうと思った今日のこの頃。
夏の終わりは、ちょっと先のような夏の日にダラダラとキーボードを叩く。
嗚呼、ちょっと疲れているのかもしれんね。

明日は出張だ。
気を抜いてドエライことにならないよう、頑張らねばだ。
やったるで。