24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

歳と成長について

昨日、37歳になりまして。

二十歳を過ぎてから余り考え方とか生き方とかって変わらないんですけれども、幸いというか不幸というか、我ながらの判断ですけれども成長の機会をもらっているなぁと。
特に会社に入ってからは受ける刺激の種類も手伝って、社会生活を送れるほどには出る杭として打たれてきました。今思えば、学生時代とかって何も分かっていなかった(というか、知らない or 違う価値観だったな。保護されていたんだと改めて思う)のね。
会社勤めをすると、一般的・常識的に知らないことで色々とお叱りを受けるわけですが、自分が知る機会として受け取る事で、必要以上の反省をせずにここまで来れたのかなぁと思います。

というわけで、成長するということについて、歳を重ねたこのタイミングで改めて考えた次第です。

成長ってのは死ぬまで続く螺旋階段な訳で、別に会社に勤めていたからとか学生だから必要という訳ではないです。常に「学ぶ」ことはしていかなければ、と思います。自分が止まっているからといって周囲も止まっている訳ではないので、好きな事なら積み重ねていく為に時間を作るのはいい事かなぁと。
とは言え、取り残される等の強迫観念を持って生活なんて送っていると息が詰まって仕方ないので、たまに自分の不出来を思い出しては反省して少し変えるの繰り返しが継続に繋げていければえぇやんというのが結論です。
この結論もあくまで「今の」です。
成長するとまた違った考え方になるのかもしれませんな。そうなった時の臨機応変的な対応(所謂手のひら返し)が大人(汚い)なのかもしれません。そういうのも昔に比べれば経験から出来るようになりましたがw

長くなりましたが、成長、かなり重要です。