24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

床屋ラプソディ

2日の休みもアッという間に終わったか…。

数年ぶりに地元の「かりあげくん」というコンビニの唐揚げのような床屋に行く。
床屋、まさに床屋であった。忘れかけていた床屋、だ。
特にコレといった指針がある訳でもなく散髪に行ったので「どうしましょう?」と言われても困る。いや、理不尽な感想ということは理解しているんだけれども。開口一番「ごめんなさい」なぜか謝ってしまった。
とりあえず短くしてくれ、とオーダー。当然、オッチャン困る。
左右の伸びを伝えるとちょっと安心したのか、店名にもなっているアノ名物台詞「刈り上げましょか?」がキタ。絶対言う。懐かしさに頬がゆるみつつも若干迷ってみた。正確には迷ったフリをした。オッチャンの手には電動バリカン。返事を待っている。客である俺はサドッ気を出して歪んだ笑顔。我ながら酷い構図だ。あまりにもハッキリしないのか、オッチャン、気がついたような感じ(たぶん演技)で問うてきた。「厚めの刈り上げで?」えっ、刈り上げって厚めとか薄めとかってあんの?!「…じゃ、それで」つい勢いで返事してしまった。あとは厚めの刈り上げをされた俺が残った。
ちなみに補足しておくと床屋として腕はいい。早いし。
でも、モミアゲがイカにも床屋って感じに仕上がっている。バリカンでやりよった!
楽しみは目を閉じて途中経過を見ないこと。観ると楽しみが半減する。まさに狂騒曲(無理やり)。

んな訳で、頭もスッキリしたので、さっさと体調を治して上半期の終わりとしたい。