24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

続 年上の部下ってヤツ

という訳で、今日も無事に一日が終わった。
ヤレヤレ、の一杯。を今日からしばし封印した。
夏休みやからな。

昨日、かなり悩んでいた年上の部下については緊急で面談を実施した。思い立ったが吉日、って奴だ。休日の間に考えた結果、敬意を払いつつ思っていることを伝えての説得(というのも変な話だけれど)を試みた。100%成功したとは思えないけれど、伝わるものはあったように思う。

今回のことで、結局大事なのは年齢の上下よりも「人としての向き合い方」なんじゃないかというのが今の俺の結論。管理職、というかマネジメント的に考えれば対象がヘソを曲げるように持っていくのは組織にとって悪手だと思ったからだ。別に人を傷つけるのが目的ではなくて、こちらの思っている方向に自ら向かわせるのが管理職なのではなかろうかと。『機動戦士ガンダムUC』で例えるなら中間管理職たるものRGM-96X ジェスタであるべきだと思うが、いかがか?…まぁ、いかがかと言われてもだけど。

たまたま今回は8割は上首尾を収めたわけだけれど、次や、はたまた別の人ではどうなるかわからない。

ともあれ、年齢を考えすぎず然るべき時に指摘するというのは大事だなぁと、今回の一連の動きで勉強させていただいた。相手も人間なら、こちらも人間だ。だから何事も話で解決する!ぐらいなら苦労しない訳で。

大切なのは話でも、言葉でもなくて、その機会、その瞬間なんだと思う。や、指摘するという、その機会を逃すほうが深刻。面倒くさいけど、そこは向き合っていくところなんだろうネ! 感情的に自分の怒りや苛立ちをぶつけても仕方ないんだろうな。自分しか気持よくならないし、組織的にはNGだ。

しかし、いい勉強になった。
こいつは次の機会に活かしていかねば。
そういう意味ではまだまだ勉強が足りないなぁ。
乱世の奸雄スキルはまだ遠いなぁ。頑張らねば。