24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

知りすぎる不幸、再び。

PCのディスプレイに綺麗に吹きつけられた血飛沫がウチの自席です。
という訳で、同僚との会話中に吹き出した弾みで鼻からBloodがディスプレイを装飾してくれたのですが、今朝出勤して早々に掃除しました。あれ、完全に事件現場だ^^;

慌ただしい日々が続きますが、肉体的な健康か精神的な安定か、どちらかに不具合のある日が続く今日この頃です。致命的ではないとはいえ、十全ではないのでよろしくありません。これも年度末の影響でしょうかね。それだけじゃない気がしますが。

この一年、よくある話になりつつあるのですが、知りすぎることの不幸というのがありまして。よく映画であるワンシーンに「キミは知りすぎたのだ…」等といわれた登場人物が悲惨な目にあうってのは、映画じゃよくある話しです。でも現実でもちょくちょくあるんですね。困ったことに。

知ってしまうと、これまで通りに対応できるのかっていう話なのですが、初めは別になんとも思っていないものが時が経つに連れて重要度を増していって…という感じでしょうか。それを悪い風に受け取るのはひとえに自分の責任なんでしょうけどね。それを素直に受け入れられないのは自分の器の小ささなのでしょうかね。30代後半にしても、まだ迷うことの多い毎日です。どこかで割りきらなければと思うのですが、それができたら苦労していないってゆー。難しいものです。

もう完全に自分の中で整理するためにテキストにしていますが、どうやら終わりそうにありません。人の気持ちというものは不思議なものです。得れば失う。失えば得る。足し算引き算しながら生きているのに、知らない間に常にプラスになると考えてしまう。だからマイナスに拒否反応を示してしまうんですな。分かっていても納得出来ないというか。もう何書いているのかウチ以外分かりませんので、この辺りで。

悩みがあっても、前に進まねばって事でしょうかね。
やっぱりちょっと病んでますね、我ながら。
前向きな言葉に腰が引けてしまう現実でした。
よろしくお願い致します。