読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24 Spears :)

本格派フルスタック探偵 たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

まじめにつける薬はありますか?

連休前だと言うに、メンタルが本当に疲れた一日でした。ウチのリフレッシュ時間を使い込みよってからに…。あー、メンタルのデトックスしたい。


しっかし、どうしてこうもモノ作りマインドを必要とするデザイナーを中心に生産の中心部にそういった気持ちが育ってないのかと小一時間問い詰めたい。所詮はプロじゃないというところでしょうか。元々は自分がいた部署とはいえ、やはりズレていたんだと感じた一日でした。「責任感がないまじめ」「血の巡りの悪いまじめ」って結構どうしようもないなぁと。営業の事も知らず、後工程のことも知らず、いろいろと想像も出来ず。イマジネーションの欠片もなく、ただ淡々と面白くない作業に延々と勤労する。おい、まじめか?


ネガパンダ(デザイン・フェスタで買ったもの) Nega Panda @ Design Festa Souvenir
ネガパンダ(デザイン・フェスタで買ったもの) Nega Panda @ Design Festa Souvenir / jetalone


仕事をしていたらどうやって楽をするかと考えるのは至極当たり前のことで、ウチなどはどうやって中間工程をふっ飛ばして完成にまで持っていくかに心血注いでいます。PGの友人が多いってのもあるんだろうけれど、楽するために全力で頑張るわけです。今回の件だと、1から10を1つずつ組み上げるのが面倒だから1つも組み上げない、という素晴らしい思考回路をお持ちで理解に苦しむ。明日のご飯、どうすんのさ?


楽して儲けたくないのだろうか。楽しく稼ぎたくないのか。ウチは楽したい。時間に追われて、自分でもよく分からないのを納品したくはない。できればネット見て雑談して自分の勉強してたら売上が上がっているという状況を作りたい。これは極端な例だけど、それでも今は近いところまでは作れているような気がします。10年かかったけど。ある程度の自由裁量はありがたい。別の負担は税金みたいなもんだ。納めるさ。


業務については自分の好きなように進めていきたいので顧客要求を把握した上でやりやすいように提案させてもらうのだけれど、元部署にはその考えが無いようで、いつまでたっても言われたことを右左の流れ作業だったりする。で、工期が厳しくなったら品質落として、残業して間に合わせる。おい、その前に納期交渉しろ。まじめか?


んで、出来上がるものは一緒か、ベクトルが一昨日の方向に捻れている。この捻れはサービスで捻ってくれたか? 誰も理解できないですよ、そのコンセプト。
折角モノ作りができる機会が目の前にあるのに勿体ねぇ…。もっと楽しめよ、と思う。もっと時間をかけろって話じゃない。勝てるように、楽できるように考えろって話です。


そのモチベーションのベクトルの違いに何度ため息をついたのかは分からないけれど、それが通用していた時代(あえての大層なもの言いw)が変わったと先日のコンペの結果で感じ取れないものなのかと。まぁ、でもこりゃ営業も悪いわな。正直なところは伏せてある。そういうのを言いやすい空気も大事なんじゃないのと思う。逆に言われすぎるウチの空気もいかがなものだけれど^^; それはそれとして別にどうでもいい。


出来る事、出来ない事を線引きするのは勝手だけれど、出来るレベルや自分に理解できるまで話を落としてくることも大事なんじゃないかと思う。積み重ねるだけが前進じゃない。後ろ向きの提案かもしれないけれど、要は顧客要求へのアプローチの形はさまざまで、そこに技術レベル・デザインレベルは関係ない。高価なシステムは必要なくて、手書き用紙とペンが最上の解決策になっていることもある。
だから質問しろ。分からんことは聞いて欲しい。ウチは手前の頭のなかまでは読めないんだ。何考えてるかはわかるけど、どれだけ理解しているのかを把握するのは難しいんだ。悪いね。


手持ちのカードでどうやったら出来るようにするのかは大切なことだとウチは思う。もっともその為の勉強は大事で、勉強するためのモチベーションは自分で管理していくしかない。他人に言われてやることじゃあないのです。まじめか。もっと楽しめ。


あと上手い断り方とか誘導とかできれば尚更良いんだけれど、そういうのは相手見てやろうね、というところで。この辺り、自分の嗅覚を呪う時もあって、別に言っている本人が悪いだけではない。ウチが悪いのだ。気にしすぎってのは問題だ。性分だけれど。でももうちょいと表現の幅は広げような。まじめ。


以上、思いつくことをダラダラと書いたけれど、別に残業しろとか言っているわけでもない。頼むから、解決方法をすぐ時間に求めるのは止めて欲しい。時が解決するのは色恋だけでお願いしたい。まじめか? ちがうか。


ともあれ、ウチも参考書を見ていて思うのだけれど、デザイン、面白いです。制作現場の人間は羨ましいです。なので、本職はもうちょっと勉強して遊んで欲しい。


ヤブかもですが、それがウチなりの処方箋です。


まじめなのは結構だけれど、仕事に楽しさを感じない。なので制作物もつまらないように感じるのです。センスじゃないですよ。もちろん、場数だけじゃない。全て大事。


というわけで、今日は ちょっと疲れた。
偉そうに書いているけれど、書き出してみて たぶん自分の軸の部分のような気がする。色々とあるだろうけれど、それでもやる以上は楽しく業務を行いたいんだというところでひとつ。まぁ、本人に届くのはいつになるんだろうけれど。


という訳で、長々と ご清聴ありがとうございました。
今日はよく眠れそうです。