読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24 Spears :)

本格派どさんぴんエンジニア探偵 たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

管理職として、胃腸をギュッとね。

さて。どうやらウチ、まーたヤヤコシイ状況に投下されるようで…。チミの管理職としての技量を見込んでなとど、上司の尻拭いとして社内の無法地帯に再突入させられるようです、ドナドナ~(ペルソナ召喚のノリで


f:id:ta710mo:20160215232303j:plain


与えられるミッションとしては「管理職として彼の地に赴き、無法地帯を収束させて法治国家へと導くのだ!」的な感じ。や、イメージですぞ、イメージ。…結構 的確な。まぁ、以前から ひらりひらり回避していたのですが、いよいよ組織として無法状態が看過できないというか、のっぴきならなくなったようで、そこでウチの登場ってワケよ。かかか!^^


……さ、逃げるか!(´・ω・`)


に、逃げたい。結構マジに逃げ出したい。さっきからiTunesでウチセレクションの鼓舞ラップを聞いて このテキストを書いていますが、まったく鼓舞られないw 収束させられそうなイメージが湧かないんよね。 そういう「成功するイメージ」ってのは大事やと思うんよ。で、そのイメージがわかないってのは、つまり、クリリンのことかー! って、もう何が何やら^^;


組織内の物事やら摩擦をそれなりに適度なところで落とせるっていうのは重宝がられる、というか、都合よく使われるようで。使われる身としては、なんだかなぁとよく思うわけです。そういう場では常々言うてますが、各人、もう一歩ずつ歩み寄ればウチなんていう半端な存在は必要ないんよ。世界平和と一緒よ? だから現場のウチよりも経験値の高い方々よ。頼む。マジ頼む。


とは言え、この状況下では逃れられるものでもないのは百も承知。ある程度、腹はくくってます。胃腸をぎゅっとね。


これまでの担当業務に変更はありませんが、今まで以上にディレクション関係を主とした業務が増えそうです。うーん、経験値としては面白いかもしれない、かな。いい機会といえばいい機会なので、さっさと吸収してもうちょっと組織内での発言力でも高めていければと思います。もー、そう思わないと、ねぇ? ^^;
改めて「乱世の奸雄スキル」の体現者として、各種スキルの成長をせにゃいかんなと思いました。もっともっと勉強して経験して強くならねばですねぃ。どうせ歩む(修羅の)道だこれー!


ウチがどうにかするから、どうにかなるのだ( ・`ω・´)b


たぶんな!


明日は明日の風が吹くってね。
そんぐらいの姿勢でいいと思う今日此の頃。ふぃ〜。