24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

ちょっとした弱音、前から思っていた決意。

さて。休日出勤より戻ってまいりました^^;
業務中に鼻血が垂れ流しだったりして、もうアレだ、ダメっす…orz


f:id:ta710mo:20161120211032j:plain


まぁ、ちょっとした弱音と、前から思っていた決意を書く。


これまではね、少しでも会社の為をと思って仕事してきました。会社のためってのも変な話なんですけどね。自分なりに頑張って諸々の業務をやってきました。お客さんにも気に入って貰って、それなりに利益を含め成果をあげてますのよ。頑張ればどうにかなるものですね^^;
(どうにかなるのは20〜30代だけどね。体力気力の衰えって遅かれ早かれ来るんだよ>若い人へ)


でもまぁ、今年入ってからどうにもね、会社方針とか上層の人間の判断や印象から、全くもって馬鹿やと確信した次第です。組織ってのは昔にどんなに理想があっても変容していくんだよなぁと。時代なんですかね。ダサいっすよ、彼ら管理職。まぁ、一応、僕もその末席のひとりやけど、馬鹿と一緒にしないでほしい( ・`ω・´)


引き金は生産の要だとかいう部署。デザイナーだかオペレーターだかは全員が被害者意識で仕事しているので反応・連携は悪い上にレベルも大したことない。田舎だからなんとか(会社名で)御飯食べれてるレベルで、新人ですら王様気取りですよ。部署名、完全に名前負けw
僕の見立てやと、もうちょっと見込みあったんやけどな。誤算やったなぁ。見立てには自信があったんやけど盛大に外したな、これ^^;
で、サポートしていたけれど、色々あって、その価値を見いだせなくなりました。早い話、君らにゃ がっかりだ。サンクコストの呪縛には縛られたくないので損切り確定。せいぜい酒の席で体制に対して鼻息でも荒くしてくれ。


んな訳で、会社に拾ってもらった恩は十二分に返したと判断しました。


育ててもらったと言える上司は二人+1。色々と吸収させてもらった同僚は数名。そこは間違いないし、恩義もある。おかげでガチガチのクリエイターではない海千山千の僕が営業から生産まで対応する器用貧乏、もとい、万能型として下地は育ったと思う。ディレクションにも多少踏み込めるようになってきた。いい感じ。思えばコミュ障やったのに営業部の一係として入社したことは自分にとってのターニングポイントだと今でも思っています。そこは ホントに。


あーー、別に会社を直ぐに辞めるって話じゃあないのよ^^;
別に僕は刀折れ矢尽き鼻血出して仕事に疲れ、燃え尽きた訳ではない。これからキャリアパスとか再構築して、自分の実になるように組織と立場を利用する方向にシフトするって話です( ・`ω・´)b


このまま今の会社組織が永らえるような気がしない。この見立ては残念なことに自信がある。中小企業として淘汰されるコースのフェアウェイど真ん中を進んでいる。いくら自分が勤めたいと思っても会社組織が無くなることはある。
そもそも業界が斜陽というのを理解しているのか?ってところからして怪しい。


会社には一応、感謝している。
でも沈みゆく遺物を浮上させるために、その後の自分の人生をフイにする気は僕にはない。
業界が沈んでいくのが確定しているので頑張っても浮かんよ。


この結論は既に35歳の時に出ていたし、40歳より順次(少しずつでも)開始していくことの土台になる話です。
てか、もう既に一回目の入院の時からじわじわと開始していたことなんだけれど決意がてらテキストにしてみました。


ふん、この程度で終わるぐらいなら部屋から出てないし、何も始めてねぇっての!( ・`ω・´)b
僕は自分を信じる。長い付き合いやしね。
よし、もう十全に大丈夫や(*´ω`*)


僕は僕のまま 生き残る。


追伸:でも手始めにタイムカードはコピーしておいたw