24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

最短距離選択方法と育成

会社員の辛いところは、組織の人間であるということだと思ったり。
役職がつくと部下を育てなくてはならない訳ですが、これが難しい。
自発的に伸びていこうと考えている人間など少数派。
とりあえず、その日が平々凡々と無事に終わればOK、というのが大半かな。
まぁ、他人の考え方を別に否定しようとは思わない。
いいんじゃないの、別に。成長しようがしまいが、好きにすればいい。関係ない。

その組織に属していなければそう笑って終わるところだけれど、組織の人間はそれで終われない。会社は、それを許さないし、会社がコケると誰よりも自分が困る。
退職金は欲しいぞ。どうせ最後なら出来るだけ多く欲しいぞ、このやろー!!

ぶっちゃけ、僕はお金が欲しいので働いている。誰でもそうだろうけれど。
自分と自分の手の届く範囲の人を最優先で守るためには、どうしても金が必要だ。
これが単純に武力が解決してくれるなら、その道も考慮した、かもしれない。
まぁ、考慮に留めておいた方が賢明なくらい、腕っ節には自信がないのだが。

あまり夢とかない話で申し訳ない。自分でも思うが、あまりポリシーがないのだ。
ポリシーがないのもアレなんだけれど、世界を救うなんて大きな事を言わなくても、人間自分の手の届く範囲の人を幸せにしたら、世界なんてスグに救われるんじゃないの。知らないけど。

サラリーマンという選択肢が正しかったかどうかは微妙なところだけれど、人生はいつだって手持ちのカードで勝負しなければならない。
サラリーマンという現状を愚痴っても仕方ないことなので、そこをどうこういうつもりがないのが35歳の自分の考え。歳を重ねると変わるのだろうか。今は分からない。

そんな訳で。

サラリーマンであるところの現在の僕は部下の育て方に悩んでいるのだ。
年上の部下、新人の部下、どちらも一癖持っている。

年上の部下は自分が出来るものだと思っている。
実際は、そうでもないことは言うまでもない。
出来るなら僕が引き立てられるわけがないじゃないか、馬鹿。会社はドライなのだ。
人間、自分が出来ると思っていると人の意見に耳を傾けない、という事が多い。
人の意見を聞こうとしない人間にどう指導すればいい。自分が正しいと思っている人に間違いを気づかせる方法は??
個人的には周囲の意見は自分の成長の機会だと思うんだけれどもなぁ。わからん。
言ってもらえるウチが華なのにね。
まぁ、心配しなくても言ってもらえなくなる事なんてないんだけれど。
大半は本人の居ないところで延々、苦笑いと共に言われることになる。
へらへら、へらら。

年下の部下は、いつまでも自分が新人だと思っている。
新人だから仕方ないと。要は甘えているだけだ。
人の言葉を聞くが、理解はしていない。ゆとり、ってヤツか。本物だな。

こんな手強い人間が跳梁跋扈する部署の管理職。
おい、文書化したら、ひどいぞw

焦っても仕方ないので、長期戦の構えでやるしかないか。
また入院するのはゴメンだし。
一般の頃は、上司に恵まれないなぁと感じ頃もあったけれど、上司も部下を選べないのだなぁ。ようやくだけれど、少しだけ理解できた。
ここからは自分の領分だ。考えて実践していけば良いだけだ。

繰り返すが、僕は金が欲しい。
欲求を満たす為には、人を育て、組織を育てることが一番の解決方法だ。
だから僕は人を育てよう。

しかし、しんどい。

そして、今日も酒が旨い。


今日の歩数:6998歩