24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

味覚の大切さが身にしみる

今回の風邪でひとつ学んだことは、味覚って大事ってこと。只今風邪の進行真っ只中でして、先日の関節の痛みからは回復しつつあるんだけれど、相変わらず咳と鼻水は酷い状況です。で、先日から変だと思っていたのが味覚。食事をしても全く味を感じていません。試しにインスタントやきそばの大盛りを食べてみたのですが、ソースの味がしない…。それでも食べていることには変わりないので、ただただ胃もたれしました。まぁ、試しとはいえ、弱っている時に食べる食べ物じゃないですけどね^^;


265/365 after the hard day
265/365 after the hard day / rennes.i


味覚がないというのは想像しているよりもキツいもので、正直、結構凹んでいます。今日も嫁の実家へお迎えに行った際に夕食をご馳走になりましたが、いかにも美味そうなトンカツの味がしねぇ…。義母さんの料理、かなり美味しいというのは経験&知識として知っていますが、知っていて味がしないとうのは、これがなんとも虚しい。帰りは嫁さんの運転ということでビールも頂いたのですが、こちらは炭酸の刺激しかしない。刺激だけですよ? 大層なものの言い方をすれば、食事が楽しくないと生きていく上で大事なものをひとつ失くしてしまったようにすら感じます。


ウチは舌が貧しいので、基本的に食事というのは楽しいのです。多人数で席を囲むのもいいし、一人で食べるのも好き。何を食べても美味しい、というと手作りか出来合いものの区別もないのかと思われてしまうかもしれないけれど、その食事という場が好きだから何でも美味しいのです。手作りには手作りの、出来合いものには出来合いものの良さがあります。で、この惨状な訳ですが。


そういや余談ですが『仮面ライダーオーズ/OOO』で主人公が終盤、身体の変異で味覚を無くすという描写があったなぁと思い出しました。観ている時は地味にキツいな程度の見方・感想でしたけど、今ならその厳しさが非常に理解できるなぁと^^;


栄養ドリンクを飲んでも、独特の味がしないのでイマイチ効いた感がないですし、美味しいものを食べて腹が膨れてもどこか満たされません(ただ胸焼けはします)。本当に味覚って大事だと思いました。普段、あまりにも当たり前すぎて気にもなりませんが、今回の風邪で初めて気づいた次第です。健康は無くしてみて、その価値が分かると言いますが、本当にそう。とっととこの風邪を治して、食事を楽しみたいものです。皆様もご自愛ください。