24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

いい知らせと思い切り。

改めて今日から後半戦が始まりました。自分の成長となる半年としていきたいところです。先日提出していたデザインコンペの結果が出て、見事勝利となりました。イヤァオ! 小規模のコンペとはいえ勝ちは勝ちということで、後半戦はいい知らせで始まることとなりました。嗚呼、それにしてもココに来るまでが長かった…。それでもウチにとってココは通過点でして、これを弾みに勝率を上げていきたいところです。関係する全ての人間が動かないと勝てないということがこれで周知できればいいんですけどね。ともあれ、お疲れさんでした。

そんなこともあって、時流に乗らねばと早々に帰宅してから次のお仕事用の実弾集めにカメラを担いで夜の姫路へ。試せるものは試すのと、その姿と成果を見せることでちょっとは組織が変わるといいなぁと思うわけで。その道のプロじゃないので、自分で勉強しながら出来るだけのことをやる、というのは自分なりの後半戦の目標のひとつ。今の自分にはかなり意識しないとできませんが、いつかコレが普通の流れになればと思います。楽しんでやるのが一番でしょうかね、どうせなら。行けるトコロまで行こう。で、今回 撮ったうちの一枚はこちら。


蒼白の姫路城


夕焼けが終わって一瞬の蒼の世界に浮かぶ姫路城です。カメラ、ムズいなぁ! 夜景、ムズいなぁ!ウチの腕だと三脚で固定しても設定によってはピンぼけてしまうのだ。もうちょっと調べてから行けばよかったけれど、こういうのは思い切りが大事だと思って。ここ数日は天気が悪いっていうし、思い立ったが吉日っていうし。撮影が終わったのは21時でした。…やー、雨に降られずによかったです。
コンセプトはウチの中で決まっていて、それをベースに撮影ポイントを割り出して撮影しています。こちらも頑張っていいものを作っていきますよーっと。


撮影していた時のこと。夜の闇の中から「ふぃ、ふぃー!」という声が聞こえて、なんじゃいなと思ったら木刀を持った年配の方が素振りしながら じわじわとこちらに移動してきていた。一瞬、やられると思いましたよ。結構マジで。どうかと思うんだぜ。人の居ないところでやりな、と思いました。すぐに居なくなったので安心していたら、撮影で行く先々で現れるのでちょっと面白かった。名物おじさん的な方なのかしらん?? 知らないところで知らない人が生きている。


走り回ったので月曜からちょっと疲れました。
じっくり休みます〜。