読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24 Spears :)

本格派どさんぴんエンジニア探偵 たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

ストレスの極限状態で生まれた、仕事への自分なりの答え。

日記 お仕事界隈の話 めざせ、最高の四十代

上司に引き継ぎ依頼を受けて担当した業務が本当に酷い内容で、一日中、イライラ加減がハンパない!(# ゚Д゚)ノシ
これまでにない種類のストレスを感じながら業務を継続していますが、その中で得たひとつの貴重で大事な答えを残しておこうと思う。
人はみな素晴らしい、というが、スマンありゃあウソだった。


モニュメントバレーの夜明け Dawn in Monument Valley
モニュメントバレーの夜明け Dawn in Monument Valley / Yuya Sekiguchi


今の会社に入って幅の広い業務をやってきた訳ですが、今回の依頼についてはキャリア最大の屈辱といえる業務。テキストの確認作業、高尚に言えば校閲的な業務ではあるのだけれど、これがまた対象の内容が酷い。いい年した大人が書いているのだけれど、日本語の表現が稚拙。商業誌とちがって、個人の作品なので仕方のないところではあるし、自分もそんなものを書けと言われても困るんですけどね。


だがしかし、だ。


そもそも、このジャンルはウチの会社が扱ってはいけないもの(お察しください)で、さらに費用的にも採算が取れないとかなんとか。いわゆる超個人趣味的なものにロハで手伝わされるという状況です。ウチのトップに採算&品位共に状況報告を上げているのかが非常に疑問視される黒色物件(数値上は赤色物件。赤と黒て『天と地と』かっつーの!(角川映画))で、依頼は今回で数回目らしい。実績まで作ってやがったのか!とダダ引き感がハンパねぇです。
当たり前の、そして今更ながらの常識的な反応として、初回を断るべきだった。何をトチ狂ったのか既に数回受けて納品しているってのは正気の沙汰とは思えない。提供しているウチの会社名は出さないから大丈夫、ってか。てめぇ様、馬鹿ですか、会社を潰す気ですか?(#^ω^)ビキビキ


既に受注している分はどうにかするけれど、これが終わったらきっちりと落とし前、じゃなかった、意見を挙げさせてもらう。申し訳ないが、上司とはいえ事の重大さを理解しているのか。モラル的に非常に問題だと思う。バカのバカが社員全員の収入を奪うなんてのは悲劇すぎるバカ。てか、馬鹿過ぎやろ。
管理職なら尚更に意味不明。本当になんなんだ。思い返して書いているうちに、また腹が立ってきた^^; 確実なのは、今後 貴方に何か物を言われたくないってこと。おまゆう、ってヤツだぜクソ野郎。あら、失礼。


で、この業務。頭の痛いことに まだ7割ほど残りがあって、ウチばかり甚大な被害を受けているので上手いこと言って関係者にシェアしたったw じきに収束するとは思うけれど、もたらした影響は大きい。なにより今までにないストレスを感じてウチの気分の悪さがハンパない。
定時後、「ンのゲス野郎が!」とついつい声を荒らげてしまった。こらこら、お客さんと上司だゾ?(ヘラヘラと完全に馬鹿にした目つきで


そんな仕様もない仕事をして唯一得たことがある。これ、僥倖
それは自分自身の仕事に対する考え方が言葉にできたことだ。


それは、至極基本的なところで。

人の生活を便利にしたり、
人に喜んでもらったり、
人を幸せにしたりする仕事がしたい!

今なら迷いなく、心の底からそう思う。ウチにとっての仕事ってヤツはそういう意義のあるべきもので、だから仕事はカッコいい。
それがウチにとっての楽しく正しくあるべき仕事の姿なんだ!…なんつって。


それがモノなのか、サービスかなのかは重要じゃなくて、世の中や人に対して どんな小さいことでも良いから、そういう素敵な仕事がしたいのです。ストレスの極限状態にあって心から出た言葉は、あまり金が、儲けがどうこうとかじゃなかった。カッコつけて要らないわけじゃないし、もっと貰いたいぐらいですけどね。でも金じゃなかった。これは大きい。金はたぶんだけれど、適正な状態であれば(という前提をださないといけない世の中だけれど)、成果と共に後でついてくるもんだ。ウチは正々堂々としていたい。常に凛としていたいもんだ。そういや、大人ってそういうもんじゃなかったっけ? いつからこんなことに…。


最低の業務の中で浮かび上がったウチにとって欲しかった最高の答え。
これを言葉にできたのは非常に意義があるように思う。心は錦、気は心。

やっぱりウチは自分に真っ直ぐに生きますわ。
だってほら、そのほうが絶対に楽しいって。
NEUTRALルート確定の瞬間でした^^


改めて、明日からも「ウチの仕事」を、がんばります!