読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24 Spears :)

本格派どさんぴんエンジニア探偵 たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

「三木の干殺し」の舞台、兵庫県は三木市の三木城跡(上の丸公園)に行ってきました。

日記 行ってきました。

さて。先々週ぐらいの日曜に三木市に行ってきました。姫路からだと車で約1時間ぐらいでしょうか。結構いいドライブになります。かってはマラソン大会とか同僚らと出場していたのもあって、馴染みが深いんスよね。ウチの目当ては『天然温泉 湯庵』だったのですが、嫁さんが城跡を見たいということで行ってきました、三木城跡(上の丸公園)。思えば城跡に行くのは初めてだったりします^^


三木城といえば「三木の干殺し(みきのひごろし)」と言われる過酷な籠城戦があった場所で…、詳しくはwikiって欲しい。

三木合戦 - Wikipedia


そんな凄惨な籠城戦も今は昔。
出迎えてくれるのはこちらの巨大な看板だったりするのだ。


f:id:ta710mo:20160330225826j:plain


やー、イケメンだな、別所長治。
無双よりもBASARAっぽいテイストにテンションがあがります。細かいことは気にしない。ビームとかは出さないですよね?
でもよく見ると地味に秀吉の旗が織田家のものだったりで軟派に見えて硬派スね。憎いぜ、この! こういうの! 嫌いじゃないぜっ!!^^
という訳で、以前から気になっていた看板が間近で見れて嬉しかったです。嫁さん曰く「竹中半兵衛が一番のイケメンやな」とのこと。そやね!


別所長治さん(23歳)の「この看板の上で御座る!」との言葉に嘘はなく、本当にこの上に三木城跡(上の丸公園)があります。
もっとも、恐ろしいほどの急勾配の階段を登る必要があるんですけどね^^;
腰痛持ちには苦行レベル… orz
でも、ここまで来て行かないのもどうかと思ったので登頂しましたよ。行った日は天気も良くて、この看板の横からずんずんと階段を登って上の丸公園へ。階段を登り切って息切れしている39歳には川から吹いてくる風が気持ちよかったです(´・ω・`)


公園には三木合戦の資料の看板やらが多数あって飽きませんです。
その中でもこの看板が素晴らしい。じゃーん。


f:id:ta710mo:20160330230907j:plain


三木城フルボッコの図。
歴史好きにはたまらぬ図なのだ。よく見ると荒木村重、仙石権兵衛、浅野長政とかも参陣していて実に痺れる。
何げに秀吉ファミリー総出演やったんスね。これは勝てんよ…^^;


で、公園内のひときわ高いところにある別所長治さんの辞世の歌碑はこちら。


f:id:ta710mo:20160330225824j:plain

今はただ うらみもあらじ 諸人の いのちにかはる 我身とおもへば
by 別所長治(23)


や、付き従ってくれた家臣に対する思いやりスかね。23歳の若さで出来た人やったんやなぁと思います。というか、悟りの境地ですかね。ウチが23歳で同じ状況なら結構見苦しい辞世を詠んだと思うので^^;


という訳で三木城跡(上の丸公園)探訪でした。
城跡関係は時代背景を調べた上で行くとテンションあがりますね〜。
桜が多かったので春先に行くと、より綺麗なところだと思います。
城跡の桜は儚さが強調され、姫路城の桜とはまた違った趣きがありますなぁ^^



帰りに再び城の下に移動。
「甘栗ジェラート 万寿庵」で甘栗ジェラートじゃ( ・`д・´)


f:id:ta710mo:20160330225825j:plain


つぶあまぐり、旨かったです(*´ω`*)
こりゃ女子力が上がったな、確実に。ウマウマ♪


tabelog.com



最後に湯庵で温もって帰りましたとさ。
結構、いいリフレッシュになりました。
三木はまだまだ行く所があるので、またふらっと行こうっと!( ・`ω・´)b