24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

40歳からの人生ビフォーアフター的なものを考えた

さて。思想家のパスカルが代表作『パンセ』の中で人間を「考える葦」と表現したのが 染み入る40歳、2017年6月のはじまりでした。
自分でも現状を よーっぽど納得していないのか、ひたすら「考える」ことが多くなった今日此の頃です。
しかも会社のことばかり、ですよ。この忠義心な!w これはもう給料として請求してもいいレベルだ、なんて。


f:id:ta710mo:20170322231615j:plain


ほんまにね、自社サービスについても都度「あったらいいよね!」で柔軟に方向転換するので、管理コスト等が阿呆ほどかかるのね。
そして管理コストがまったく利益を生まないという案の定な感じ。

先日、サービスの方向性を決めるミーティングで取り組もうとする新規分について見込の数値を聞いたところ、「今、それを考えても仕方ないので、とりあえず皆でがんばろう!」などという答えが返ってくる始末。具体的な戦略もターゲットもなく、その時の気持ちとか情熱(笑)で大事な部分を決められてもなぁ、と。


最近で一番まいったのが会議で「事業として利益は出してない。でも資産価値は3億はある!と信じている!!」等とドヤ顔で言われた時。
もうね、ファーーック!とか叫びそうになりましたよ。どれだけ俺を阿呆やと思てんねん。
脱力 ハンパない。穴掘って埋める作業のほうがマシ。てか、もう日常がそのレベル。
最終的には面談で「たなが君から悪い波動が出ている」とか言われた時は笑いをこらえるのに必死でした。


まぁ、そういう情熱的(笑)な上司を支える(笑)部下もいるわけで。
支えるといっても部下も同様に柔軟な方なので、結局尻拭いがこちらに回ってくる訳です。その時、思ったよりもYESマンて不快やと感じましたよ。なんの計画性もないポジティブ思考って苛つきますね。


俺の頭が硬いのかもしれませんが、ソリ合わないっすわー、これ。
この人達のお給料はどこから出ているのか不思議で仕方ない。ほんと不思議!

やー、独立してWEBサービスでも慈善事業でもやってくれればと思います。
俺にはあんたらのライブ感を愉しむには器が小さいので、早々に切り捨ててくださいね! 視界に入らないところで強く生きてくださいね。がんばれ!
俺は満腹です。ごちそうさま!^^;


以上、ここ1年の愚痴でした。お目汚しm(_ _)m


で、結論としては、これは「ゲーム」だという結論になりました。
これは「生涯賃金を早く稼ぐことでクリアできるゲーム」だと。
どこまでこの自己暗示の効果があるかわかりませんが、
職場の収入だけに依存しているのが悪いんだろうなぁと思います。
副業か複業か、呼び方はどうでもいいですけど、この状況を解消せねばと。
平行して現状の改善もせにゃ!(`・ω・´)ゞ

10年前に気づいていればと思わなくもないですが、それを言っちゃあお終いよ!
今からでも現状のまま走り続けるよりは遥かにマシ。
ダメージコントロールが出来る内になんとかせにゃー。
時間て宝ですよね。
ちょっと気合入れていかんとなー( ・`ω・´)b