24 Spears :)

本格派やさぐれエンジニア たなが 智輔の日常( ・`д・´)b

社長の言葉に姿勢を正す。

いつもの会議に出席。
会議では(も)凶相を晒している訳ですが、社長出席の会議は本当に「会議」なので幾分か凶相も和らいでいる(はず)です。そして、今日はそんな社長出席の会議でした^^;

まぁ、社長だからって尊敬するわけではないのですが、一個人として、やっぱスゲェなあと思います。ひとりのビジネスマンとしてです。俗にいう、「レッスン4、敬意を払え」ってヤツ。社長が言っている「若いころの自分」ってのがウチ自身にも言えることでして。別にそれでシンパシーを感じている訳でもないのですが、そこから更に一歩(だけじゃないんだろうけれど!)を出している人間の言葉ってのは沁みるものがあります。「頭ではなく心で理解した」というヤツです。んっん〜。

たまに「拾ってもらった先が違っていた場合、どうなっていただろう」等と思うことがあります。今の同僚や上司、後輩と出会っていなかったら!?とか。そう考えると今の自分もない訳で、本当に縁だと思います。幸か不幸かは別として、良い縁です。お陰で楽しんで仕事ができています。ありがてぇ、ありがてぇ!

社長には恩があります。でも、それとは別に、どうしてウチを採用したのかが分からないです。別段、他の受験者に比べて優れていたわけでもないし、年齢も高かったし。そんな人間を採り立てて、部署長にまで任命してくれています。怒られたことは数回程度ですが、まぁ、理解できる指摘でしたし。自分には理解不能です。えぇのかい。

別に社長に認めてもらおうと思って仕事をしたことなど一度もないし、これからもどうでもいいのですが。でも社長の言葉は自分なりのビジネスマン像としては必要な情報だったので積極的に身につけていく所存です。「師匠超え」をすることが上司への一番の恩返しという話も聞きます。ひとつ正面から社長を超えてやろうと思いました。

あっさりと超えさせてくれる上司もいれば、なかなかに手強い人もいて、一筋縄ではいかないですね。人間の器を大きくして、ひとのみに超えてやろうと改めて思いました。

このハングリーさは最初の上司に見出してもらったものです。その教え、今もまだ心に。こいつでもってこれからも勝負していきます。

いつの間にやら自分も人を育てる立場になりました。
背中見て、感じ取ってもらえるところで自分なりに成長をお願いする所存です。
え、上司超え? んなもん、返り討ちですよ。 でも挑戦を待っております。いい組織にしていきましょう。

よろしくお願いいたします。